収入を得るために賃貸を経営する

自分で管理できない場合

体力が低下している人

高齢になると、体力が低下します。
これまでは自分で不動産を点検できていたかもしれませんが、体力が低下した頃には辛いと感じるかもしれません。
無理だと思ったら、管理会社を利用しましょう。
代わりに不動産を点検して、異変が起こっていた場合はすぐに知らせてくれます。
専門的な知識を持っているプロが点検するので、些細な異変でも見逃がすことはありません。

不動産投資は老後でも、ずっと続けられると言われています。
ですが自分の体力を、見直してください。
定期的に点検する体力がなかったら、管理会社と協力して管理しましょう。
すると年齢を重ねても、不動産投資が楽になるので順調に資産を増やせます。
信頼できる管理会社を探しましょう。

定期的に連絡をしよう

管理会社に任せている時は、定期的に連絡をして、不動産がどんな状態なのか聞いてください。
頻繁にコミュニケーションを取ることが大切です。
連絡をしていないと、不動産がどんな状態なのかわかりません。
異変が起こっていた場合に、気づけないこともあります。
また管理会社は、不動産投資に関することなら何でも相談に応じます。

頑張って賃貸経営をしているのに、入居者が増えない際は悩みを打ち明けてください。
管理会社からアドバイスをもらって、実行すれば入居者を増やせるかもしれません。
アピールの方法や、賃料の設定に問題があるケースが多いです。
初めて賃貸経営をする人は、疑問をたくさん抱くでしょう。
すぐに聞いて、解決してください。


TOPへ戻る