収入を得るために賃貸を経営する

入居者を安心させるために

すぐに工事すること

放っておくと、どんどん異変が大きくなってしまいます。
見つけた時点で、業者に相談してください。
すると工事してくれるので、不動産投資を順調に進めることができるでしょう。
異変が見つかっても、工事してくれない賃貸は危ないので暮らせません。
入居者が減る原因になるので、急いで業者に連絡しましょう。
プロに見てもらって、工事が必要なのか判断してもらってください。

まだ小さい異変だからといって、工事しなくても大丈夫だと判断しないでください。
素人が勝手に判断すると、知らない間に異変が大きくなってしまいます。
その頃になると、工事の費用も高額になると覚えておきましょう。
無駄な出費を防ぐために、早く工事をすることが重要です。

古くなった不動産を魅力的にする

これから暮らす賃貸を選択する時に、見た目が綺麗という部分を重要視している人が多いです。
生活に便利なところでも、古くて汚い賃貸では暮らしたくないと思うかもしれません。
入居者を増やすためには、リノベーションをするのがおすすめです。
すると壁や床が綺麗になるので、魅力的な不動産になります。

また、エレベーターをつけるのも良いですね。
上の階で暮らしている人は、階段を使うのが大変です。
エレベーターがあれば、荷物を持っている人や高齢者でもすばやく移動できるので重宝されます。
リノベーションをしたから綺麗、エレベーターがついているという部分は大きなアピールポイントになります。
どんどん魅力を発信して、入居者を増やしてください。


TOPへ戻る